りけイノシシのweb〇〇

理系出身の筆者、生物や化学のおもしろさを伝えるためのサイトです。当面は、生物や動物、それらに関連する技術・研究のメカニズムについて発信していきます。温かい目で見守って下さい。

MENU

生物

web動物図鑑で動物に興味を持った方、元々動物に興味のある方、少し深く動物について知りたくありませんか。ここでは、各動物や、動物の能力について紹介しています。生物や生物に関する技術も混ざっています。動物から、広く生物に目を向けてみては。

シフゾウの特徴:web動物図鑑

ここでは、シフゾウの特徴を紹介しています。シフゾウは、中国に生息するとてもユニークな動物です。野生のシフゾウは一度絶滅してしまいましたが、再導入より復活しました。しかし、現在でもレッドリストに記載されています。

アカシカの特徴:web動物図鑑

アカシカの特徴を紹介しています。アカシカはヨーロッパと北アフリカに生息するしかの仲間で、日本に生息するニホンジカとは血縁的に近いシカです。そのため、アカシカはニホンジカに似ている部分も多いです。

ワピチの特徴:web動物名鑑

ワピチは別名が多く、名前のニュアンスの違いが分かりにくい動物です。ここでは、ワピチの別名について解説するとともに、生態に関しても紹介しています。ワピチについて少しでも詳しくなっていただければ。

アカシカとアメリカアカシカの違い:web動物図鑑

アカシカとアメリカアカシカの違いについて紹介しています。アカシカとアメリカアカシカは、長らく同種と考えられてきましたが実は別種です。良く似た2種類のシカの見た目の違いを見てみましょう。

ダマジカの特徴:web動物図鑑

ダマジカの角は特徴的ですが、もっと特徴があるのはその毛皮の模様です。ダマジカには4種類の毛皮の模様があります。ダマジカの毛皮の模様について何も知らなければ違うシカだと思ってしまうでしょう。

ノロジカの特徴:web動物図鑑

ノロジカは名前の通りシカの仲間です。本記事では、ノロジカの特徴について紹介しています。ノロジカは、角以外でもオスとメスを簡単に見分けることができる動物です。ここでは、オスとメスの見分けたも解説しています。

ミュールジカの特徴:web動物図鑑

ミュールジカの特徴について紹介しています。ミュールジカの最大の特徴は、ストッティングです。ミュールジカのストッティングについては、動画を添付して紹介しているのでご存知ない方はぜひご覧ください。

オジロジカの特徴:web動物図鑑

ここでは、オジロジカの特徴を紹介しています。オジロジカはアメリカ大陸に生息しているシカの仲間で、日本には生息していません。適応力の高いシカで、様々な環境で生きていくことができます。

ヘラジカ:web動物図鑑

ヘラジカは世界最大のシカです。ヘラジカの特徴は、何と言ってもその立派な角だと思います。しかし、ヘラジカには傘のような角以外にも、他のシカ仲間とは異なる特徴が複数あります。

オジロジカとミュールジカの違い:web動物図鑑

オジロジカとミュールジカを知っていますか。どちらもアメリカに生息するシカで、日本では無名です。しかし、実は2種は見た目が良く似ています。本記事では、オジロジカとミュールジカの違いを紹介しています。

シマウマの特徴:web動物図鑑

シマウマの特徴を紹介しています、シマウマは3種に分かれることを知っていますか。ここでは、3種類のシマウマの特徴と縞模様を持つ理由についても見ていくこととします。

ウマとロバの違い:web動物図鑑

ウマとロバの違いについて紹介しています。ウマとロバは見た目が良く似ています。しかし、ウマとロバでは、特に性格が違います。性格の違いが、ウマとロバの違いといっても過言ではありません。

インドサイの特徴:web動物図鑑

インドサイの特徴を、いくつかの項目に分けて紹介しています。サイと聞くと、角の数は二本のように思えますが、インドサイは違います。インドサイの絵を描く機会があれば注意してください。

動物の角は何でできてるの?:web動物図鑑

様々な動物が角を持っていますが、動物の角は何でできているでしょうか。ヒトには角がないので、パッと考えてもわかりません。実は動物の種類によって異なります。ここでは、動物の角の構造について紹介しています。

クロサイの特徴:web動物図鑑

クロサイの特徴を紹介しています。サイは複数の種類がいますが、どれも同じだろうと思っていません。特にシロサイとクロサイなんて何が違うんだと思っている方、詳しく見ていくと全然違います。

シロサイの特徴:web動物図鑑

シロサイの特徴を紹介しています。シロサイの名前の由来を知っていますか。名前の由来を知ると、名づけられ方がかわいそうな動物だと思ってきます。それと、まだ絶滅はしていません。

ラクダの赤血球が塩分濃度変化に強い理由:web動物図鑑

ラクダの赤血球は、塩分濃度の変化し対して強いです。web動物図鑑の詳細解説です。ラクダはが、暑く乾燥した地域で生きていくことができるのは、赤血球のおかげといっても過言ではありません。

コビトカバの特徴:web動物図鑑

コビトカバの特徴について紹介しています。コビトカバはカバの仲間ですがその生態は、カバとは大きく異なります。まず、カバは水中で生活していますが、コビトカバの生活の中心は陸上です。

カバはフンの活用が上手:web動物図鑑

カバはフンを多用途で利用する動物です。多くの動物が、縄張り主張のためにフンを活用します。しかし、カバのフンの利用法はこれに限りません。ここでは、カバのフンの活用法について紹介しています。

水中での生活に特化したカバの体のつくり:web動物図鑑

水中での生活に特化した動物が、カバです。web動物図鑑の詳細解説では、水中生活に適応した、カバの体のつくりについて、紹介しています。カバの体のつくりには不思議がいっぱいです。

カバの特徴:web動物図鑑

ここでは、カバの特徴を紹介しています。カバは、基本的に水中に生息する動物ですが、陸上に上がることもあります。また、凶暴な動物なので、見つけても近づかないようにしましょう。

ラクダが水を貯えられるのは赤血球のおかげ:web動物図鑑

ここでは、ラクダが体に大量の水を蓄えられる理由について、紹介しています。ラクダは、血管の中に水を蓄えることができます。これが可能なのは、赤血球のおかげなのです。

リャマの特徴:web動物図鑑

リャマの特徴について紹介しています。web動物図鑑の詳細解説です。いきなりですが、リャマとアルパカの詳細解説が、ほぼ同じような内容になってしまいました。特徴が似ている動物なのですが、決定的な違いは、家畜としての用途でしょう。

アルパカの特徴:web動物図鑑

ここでは、アルパカの特徴を紹介しています。web動物図鑑の詳細解説です。アルパカを知らない人はいないと思います。アルパカの体毛は上質な毛糸になります。では、アルパカは何の動物の仲間か知っていますか。

ヒトコブラクダの特徴:web動物図鑑

ヒトコブラクダの特徴を紹介しています。web動物図鑑の詳細解説です。現在、野生のヒトコブラクダは、オーストラリアだけです。家畜として移入されたヒトコブラクダが、逃げ出した子孫です。残りのヒトコブラクダは全て家畜です。

フタコブラクダの特徴:web動物図鑑

ここでは、フタコブラクダの特徴を紹介しています。web動物図鑑の特徴解説です。フタコブラクダは、ヒトコブラクダと良く似ていますが、寒さに強い種です。また、現在野生に生息しているラクダは、フタコブラクダのみです。

オオカミの特徴:web動物図鑑

ここでは、オオカミの特徴を紹介しています。web動物図鑑です。オオカミは群れを形成する動物です。食事や狩りも群れで行います。また、オオカミは生態系の回復に貢献した例もあります。

オカピの特徴:web動物図鑑

ここでは、オカピの特徴を紹介しています。web動物図鑑の詳細解説です。オカピは、個体数が少なく、警戒心も強いことから、詳しい生態について、わかっていないことが多くあります。

キリンの首が長い理由:web動物図鑑

キリンは首の長い動物です。現在、キリンの首は、なぜ伸びたと説明されているのでしょうか。ここでは、キリンの首が長くなった理由を説明する様々な説について紹介しています。

キリンのユニークな血の循環:web動物図鑑

キリンは見た目も特徴的な動物ですが、その体の内部もユニークです。特に血液を循環させるための工夫には、目を見張るものがあります。ここでは、キリンのユニークな血液の循環について紹介しています。