りけイノシシのweb〇〇

理系出身の筆者、生物や化学のおもしろさを伝えるためのサイトです。当面は、生物や動物、それらに関連する技術・研究のメカニズムについて発信していきます。温かい目で見守って下さい。

MENU

加藤清正の簡単解説:web武将名鑑

加藤清正は勇敢で指揮官として描かれることが多いです。しかし、行政官としての清正については、あまり知られていません。ここでは、吏僚としての清正にも目を向けてみましょう。

黒田長政の簡単解説:web武将名鑑

黒田長政は、常に父の孝高と比べられ猪武者と言われ、頭を使ったかと思えば、汚い謀略を多用したなどと言われてしまう武将です。しかし、黒田長政の足跡を追えば、父孝高に負けず劣らず有能あったことがわかります。

加藤嘉明の簡単解説:web武将名鑑

ここでは、加藤嘉明の生涯で注目すべきことについて、簡単に紹介しています。豊臣秀吉は豊臣水軍を率いて活躍した武将です。また関ヶ原の戦いでは東軍に属して戦った武将です。

動物の角は何でできてるの?:web動物図鑑

様々な動物が角を持っていますが、動物の角は何でできているでしょうか。ヒトには角がないので、パッと考えてもわかりません。実は動物の種類によって異なります。ここでは、動物の角の構造について紹介しています。

藤堂高虎の簡単解説:web武将名鑑

藤堂高虎は、何度も主君を変えたために裏切り者のイメージが強い武将でした。一方で、築城、調略など戦い以外の能力にも優れた武将でした。ここでは、藤堂高虎の生涯について簡単に紹介しています。

池田輝政の簡単解説:web武将名鑑

池田輝政は、姫路城を世界遺産に登録されるほど立派な城にした人物です。一方で、激動の戦国時代を生き抜いた武将でもあります。ここでは、池田輝政の生涯を4つに区切って紹介しています。

浅野幸長の簡単解説:web武将名鑑

浅野幸長の人生を、大きく3つに釘って簡単に解説します。浅野幸長は浅野長政の息子ですが、父とは異なり武勇に優れた武将でした。浅野幸長の生涯を追うことで、実感できると思います。

細川忠興の簡単解説:web武将名鑑

細川忠興の経歴を簡単に紹介しています。細川忠興は、肥後熊本藩の礎を築いた人物ですが、それ以外の功績はあまり知られていません。ここでは、細川忠興の人生を簡単に解説しています。

福島正則の簡単解説:web武将名鑑

福島正則と聞くと、歴史に少し詳しい方なら、猛将というイメージを抱くでしょう。確かに、福島正則は数々の戦いで戦功を立てた武将です。しかし、それ以外にも種々の足跡を残しています。

クロサイの特徴:web動物図鑑

クロサイの特徴を紹介しています。サイは複数の種類がいますが、どれも同じだろうと思っていません。特にシロサイとクロサイなんて何が違うんだと思っている方、詳しく見ていくと全然違います。

関ヶ原の戦いにおける布陣の順番

関ヶ原の戦いにおける両陣営の布陣は1日で完成したわけではありません。ここでは、日時に従って、関ヶ原の戦いでの東軍、西軍、両陣営の布陣が完成するまでを紹介しています。

なぜ関ヶ原の地で東軍と西軍が激突した?

関ヶ原の戦いで東軍と西軍が激突しましたが、なぜ決戦の地が関ヶ原だったのでしょうか。関ヶ原で戦おうと約束したわけではありません。成り行き上、関ヶ原になったのです。ここでは、その成り行きを説明しています。

小早川秀秋の簡単解説:web武将名鑑

小早川秀秋といえば、関ヶ原の戦いの裏切り者というイメージが先行してしまいます。ここでは、裏切り者のイメージが強い小早川秀秋の一生を6つのターニングポイントに分けて簡単に紹介しています。

内府ちがひの条々の意義とは?

内府ちがひの条々は、関ヶ原の戦いを語る上で、非常に重要な文書です。内府ちがひの条々は、西軍が出した文章ですが、ここではその意義について、紹介しています。また、書いた人物は石田三成ではありません。

シロサイの特徴:web動物図鑑

シロサイの特徴を紹介しています。シロサイの名前の由来を知っていますか。名前の由来を知ると、名づけられ方がかわいそうな動物だと思ってきます。それと、まだ絶滅はしていません。

関ヶ原の戦いの戦闘の経緯

関ヶ原の戦いは、歴史の授業でも習いますが、戦闘の経緯については習いません。ここでは、関ヶ原の戦いで、東軍が西軍に勝利するまでの流れを図を用いながら、簡単に紹介しています。

石田三成の簡単解説:web武将名鑑

石田三成について簡単に解説しています。web武将名鑑の解説コーナーです。石田三成には、関ヶ原の戦いで負けた人として扱われることが多いです。ここでは、石田三成の生涯を、紹介しています。

徳川家康の簡単解説:web武将名鑑

徳川家康の障害についてターニングポイントとともに解説しています。web武将名鑑です。徳川家康の人生は我慢の連続でした。最終的には、天下を統一し太平の世を気づいた人物です。

【簡単解説】関ヶ原の戦いに至るまでの経緯

関ヶ原の戦いに至るまでの経緯を、ターニングポイントに注目して、簡単に解説しています。関ヶ原の戦いは、歴史の授業で習うと思いますが、ここではそれに至るまでの経緯を紹介しています。

ラクダの赤血球が塩分濃度変化に強い理由:web動物図鑑

ラクダの赤血球は、塩分濃度の変化し対して強いです。web動物図鑑の詳細解説です。ラクダはが、暑く乾燥した地域で生きていくことができるのは、赤血球のおかげといっても過言ではありません。

web武将名鑑:その8~織田信長の一門衆2~

織田信長の一門衆で信長の五男から、八男まで紹介しています。web武将名鑑その8です。織田信長の息子に関しては、六男以下は、分が多いです。織田信長が顕在時に幼かったこと、優遇されなかったことが原因です。

コビトカバの特徴:web動物図鑑

コビトカバの特徴について紹介しています。コビトカバはカバの仲間ですがその生態は、カバとは大きく異なります。まず、カバは水中で生活していますが、コビトカバの生活の中心は陸上です。

web武将名鑑:その7~織田信長の一門衆1~

web武将名鑑その7です。織田信長の親族について紹介しています。今回からは、まず織田信長の息子たちです。あまり知られていない、信長の息子に目を向けてみては、いかがですか。

カバはフンの活用が上手:web動物図鑑

カバはフンを多用途で利用する動物です。多くの動物が、縄張り主張のためにフンを活用します。しかし、カバのフンの利用法はこれに限りません。ここでは、カバのフンの活用法について紹介しています。

web武将名鑑:その6~東北の有名戦国大名~

今回は、東北地方の戦国大名を紹介しています。web武将名鑑その6です。東北地方は、大小様々な戦国大名がいて、全て紹介するのは、結構大変です。まずは、支配地の大きな戦国大名から紹介したいと思います。

水中での生活に特化したカバの体のつくり:web動物図鑑

水中での生活に特化した動物が、カバです。web動物図鑑の詳細解説では、水中生活に適応した、カバの体のつくりについて、紹介しています。カバの体のつくりには不思議がいっぱいです。

web武将名鑑:その5~西国の有名戦国大名2~

web武将名鑑その5です。今回も前回に続き、西日本の戦国大名を中心に、紹介しています。前回よりは、有名な人は少ないですが、その地方では力があった戦国武将を紹介しています。

カバの特徴:web動物図鑑

ここでは、カバの特徴を紹介しています。カバは、基本的に水中に生息する動物ですが、陸上に上がることもあります。また、凶暴な動物なので、見つけても近づかないようにしましょう。

web武将名鑑:その4~西国の有名戦国大名1~

web武将名鑑の第4弾です。前々回に続いて全国の有名な戦国大名を紹介しています。ここでは、西日本(中国、四国、九州)の戦国大名を中心に紹介しています。

ラクダが水を貯えられるのは赤血球のおかげ:web動物図鑑

ここでは、ラクダが体に大量の水を蓄えられる理由について、紹介しています。ラクダは、血管の中に水を蓄えることができます。これが可能なのは、赤血球のおかげなのです。